top of page

北野天満宮で行われたKYOTO NIPPON FESTIVALにて、いけばな展示を行いました

日本の伝統文化と新しいエンターテインメントを融合させて発信を行うイベント「KYOTO NIPPON FESTIVAL」が4年ぶりに開催されました。

「刀剣、紅葉に染まる」をテーマに、刀剣の魅力を引き出しつつ様々な文化のコラボにより、新たな魅力が見出されました。


IKENOBOYSでは北野天満宮の梅交軒にて「一瞬の輝き」をテーマに、人気ゲーム『刀剣乱舞ONLINE』の登場キャラクターである「髭切」「膝丸」をイメージした「立花」を展示しました。

同展示では北野天満宮が所有する「太刀鬼切丸(髭切)」も公開されました。


現メンバーの馬場健と新メンバーの上西将吾が初のコンビで、共同制作を行いました。



























展示は10月28日~11月10日と11月11日~12月3日の二期に分けて開催され、後期ではもみじ苑での夜間ライトアップに合わせて、立花のライトアップも行われました。


現代のカルチャーとのコラボによって、互いの魅力がさらに引き出される絶好の機会となりました。






















































bottom of page